◇◆◆琴姫の趣味爛漫◆◆◇
      「捨てる」から始めるシンプルライフ

◇◆TOP ◆◇


◇◆THE ALFEE◆◇





◇◆コンサートレポート&ふぉとぐらふ◇◆

 
◇2007年4月8日 長良川国際会議場◇


2年ぶりの長良川国際会議場。

2003年がタカミーサイドの1列目。
2005年は桜井氏サイドの2列目。
2007年の今回は坂崎氏前の3列目?

いえ、世の中そこまで甘くはありませんでした。
今回は1階だけど、ほぼ最後列。
ま、仕方ないよね。



さて、会場に到着。
クルマをとめて歩いて行くと、ツアーバス発見。

今年はまた、ド派手なことで。

でも、後ろの図柄は可愛いよね。


↑両サイド同じ ↓バック




さて、会場に到着すると、すでにグッズが販売中。
早速並んで、欲しいモノをゲットします。

今回はあんまり欲しいと思うグッズはないので、パンフとお菓子のみ。
いえ、パンフもそろそろ止めようかなぁ〜、なんて思ってたのですが、HPの写真が良さそうなので。

あられとMAKOTOの封入ポストカード全部か表示されてました。
ワタシ、タカミーのみコンプリートしたいんですけどね。



↑MAKOTO ↓あられ




2007年4月8日 セットリスト

  1.Affection
  2.夢よ急げ
  3.STARSHIP−光を求めて−
    MC.坂
  4
.Change
  5.Nervous Breakdown
  6.Shout
    
MC.桜
  7.Promised Love
  8.シュプレヒコールに耳を塞いで
  9.終わりなきメッセージ
         (新アレンジ)
    MC.高
 10.Dear My Life
 11.春の嵐

 
12.流砂のように
 13.天河の舟
 
14.Brave Love
        〜Galaxy Express 999

 15. 愛を惜しみなく
 

 アンコール@

  1.シンデレラは眠れない
  2.サファイアの瞳
    MC.高
    
寸劇
    メンバー紹介
  3.メリーアン
  4.星空のディスタンス
  5.Flower Revolution


 アンコールA

   
MC.高
  
1.夜明けのLANDING BAHN


え〜、ネタバレ満載になりますので、
ライブ行くまで知りたくない方はココから下は読まないで下さい。

苦情は一切受け付けしてません(笑)


さてグッズを買って、クルマに置いてから、会場をウロウロと。

そして友人を見つけて、談笑。
彼女は今年からキーボード担当の山石氏のライブにも行きだしたそうです。

ライブハウスの話を聞いてたら、山石氏は今ソロでライブしてるそうな。
知らなかった。
しかし、アルフィーのツアーの合間に自分のソロライブ。
元気ですなぁ〜、山石氏。

そして、今日4月8日は山石氏の誕生日。
おめでとうございます。
今年48才になるそうです。

そして、
やはり今年は夏のイベントはない模様

ワタシはラジオが苦手(例えアルフィーさんの番組でも、まず聞かない)なので、知らなかったのですが、ラジオで断言してたそうな。

まぁ、夏のイベントでは、毎年10万円(!)はふっ飛ぶので無けりゃ無いでフトコロには嬉しいハナシです。
が、心情的には非常に寂しいんですよ。

なにしろ、もう20年連続参加ですからね〜。
アト、最後のホテルがアレではいやだぁ〜。
(↑実はコチラの理由の方が大きい・・・)

でも、断言しちゃってるならナイんだろうなぁ〜。
今年のお盆はどうやって過ごしたらいいんだろうね、私達。


さて、ホント〜に珍しく6時ジャストで開演のベルが。
その後、お決まりの注意事項のアナウンスがあり、全員スタンダップ。

オープニングは絶対『春の嵐』だと思ってたのに、大ハズレ・・・。
そうか、そうくるか・・・
奥が深いぜ・・・アルフィーさん。

予想は外したものの、『Affection』、『夢よ急げ』、『STARSHIP−光を求めて−』
とノリのいい曲が続きます。
『夢よ急げ』が最初の方は珍しいかな?

さて、最初のMCは坂崎氏。
「こんばんわ〜。」
ツアー3本目のせいなのか、まだちょっとぎこちないような・・・、あの口の回る方が珍しい事です。
しかし・・・しょっぱなから「桜井氏の髪ネタ」が出るとは・・・・。

その後も、かなりテンポのいい曲が続きます。
でも少しトーンダウン。

6曲目が終わり、桜井氏の登場。
「こんばんわ。いらっしゃいませ。大変ごぶさたしておりました。
見た通り元気です。」

TVのハナシあり。

前半からかなり飛ばしております。
え〜、はっきり言って、こっちだって息切れます。
切れないように見せるのがプロですけど 最近は隠せません!


そして、
「ぜひここでゆっくりお座りになって・・・」
と桜井氏のお言葉で、全員着席。

桜井氏のトーク中、さりげな〜く幸ちゃんが登場。

桜井氏の後ろを通った時に桜井氏を触っていったらしいのですが・・・
桜井氏曰く

「カ☆イ☆カ☆ン」

だって。

その後、メイン・イベントのタカミーの登場です。

オープニングではピンク地にチューリップ(多分)があしらってあるスーツにパープルのブラウス。
お色直し後はキンキラキンのバルーンスリーブの金色ガウンに白のブラウス、黒のパンツで現れました。

いや〜、派手だけど数年前のアニマル柄には負けてます。

この後は三人の掛け合い漫才状態です。
笑いすぎで、咳き込んでしまいマシタ、あ〜、苦し。

その後は、バラード曲から、ラストへむかい激しい曲へと続きます。

途中にタカミーのMCが入りましたが、やっぱり三人の掛け合い漫才状態。
こっちは、桜井氏とタカミーの昔話にまつわる、言い合いでしたね。

それにしても、タカミーってばSCDの宣伝の時
「ワンコインでアルフィーが買える」を間違えて

「ワンコインでアルフィーに乗れる・・・」

だって。
あの〜、ホントに乗れるんでしたらワタクシ何枚でも買いますが・・・・(笑)。

しっかし、マズイわ〜ワタシ。
曲名がホント出てこないのよ〜。
特に、『終わりなきメッセージ』がアレンジが新しくなってて、ホント分からなかったのよね〜。
(いや、歌詞で分かるハズなんだけど・・・・)

最近はアルフィーさんがわざわざ曲名を言ってくれる事が多いので助かっております(老化したファン対策か?)。

アルフィーさんは曲数がハンパじゃないし、いちいちCD出して聴くのもメンドクサイしで、
iPod ( 曲名表示してくれるので便利 )に全曲入れてしまえ!
と思った際、全CD( Going My Way 除く )をPCに入れてたんだけど、去年のクラッシュで全部パー。

もう一度イチからやり直そ、そうすればPC触ってる時に聴けるし。
あ。でも4GBのiPod miniに全曲は入らなかったんだ・・。

しかし、今回のツアータイトルにもなっている『春の嵐』。
どうしても、何度聞いても私の中のイメージは『サクラ大戦』

『戦う』ってイメージが強いのかなぁ?
歌詞のどこ探しても、そんな言葉はないんだけど。


さて、アンコール1回目。

いきなり『シンデレラは眠れない』。
そして『サファイアの瞳』。
ノリのいい曲が続きます。

と、いきなり『アルプスの少女ハイジ』のテーマ曲(歌ナシ)が。

いつもなら、幸ちゃんか桜井氏が出てくるハズが、何とタカミーの登場。

そして、何と何と、


幼稚園児のカッコの幸ちゃん&桜井氏登場


あ゛あ゛あ゛あ゛・・・・・。

もう50過ぎてるんですよぉ〜。
あと10年もしたら、年金の受給年齢ですよ〜。
孫がいてもおかしくないトシなんですよ〜。

どですかの宮地さんみたい・・・・(名古屋圏のヒトしか分からないね。)

ストーリー上は

幸ちゃん → 春野あらし、5才
桜井氏  → 春野あられ、4才

という設定です・・・・・、絶句。

そして、お笑いコンビ、ざ・たっちのモノマネをイロイロと披露してくれました。

要するに、毎回恒例のお菓子の宣伝なんですけどね〜。

その後、春野あられちゃんが沢田研二さんの『トキオ』を熱唱。
この喜劇は一応終わり、となりました。
(まだ、3本目だからね〜、今後どうなるのかな?)

そして、メンバー紹介の最後。
タカミーが自分のコトを「高見沢ロミオ」と発言。
そして、会場に向かって、「俺がロミオなら皆は?」で
「ジュリエット!」と答えたら

「あつかましいんだよっ!」

ああ、アルフィーさん達はお笑いブームなのでしょうか。
「あつかましいんだよっ!」
と叫ぶタカミーはまるでスケバン恐子の桜塚やっくんでした・・・・。
(髪の色も似てるし、髪形もね。セーラー服似合いそう。)

結局、ジュリエットは歌わず仕舞、残念だなぁ〜。


そして、アンコール2回目。

MCはタカミー。
いつも結構マジメなハナシをするんですが、今回は天然ボケかましてくれました。

なんか、年々ボケ具合が進行しているようで心配です。
アタマも心配だけど、タカミーの頬のコケ具合と顔色の白さも心配。
先週体調の悪かったワタシと同じ位真っ白な顔色してるんだもの・・・。

今日のラストは『夜明けのLANDING BAHN』でした。

それにしても今回のツアー最初から三人が壊れているような・・・。
次回の参加はラストの名古屋なんですけど、ラストだけに今から怖い・・・。

今からコレだと、ラストの壊っぷりが心配で仕方ないっす。


今回は早々とレポを書き始めたので随分と詳しく書けてます。
やっぱり、ライブの興奮冷めやらぬ時期に支離滅裂でもある程度書きまくった方がいいのかな?
とりあえず、覚えているセリフなんかは、忘れないウチに書いておきましたが。
手帳にメモってても、時間経つと何書いてあるか忘れちゃうのだ。

いつも会場へ行く途中通る墨俣城辺りの桜
今年は満開デシタ



上へ

Copyright© 2002-2004 kotohime All Rights Reserved.