◇◆◆琴姫の趣味爛漫◆◆◇
      「捨てる」から始めるシンプルライフ

◇◆TOP ◆◇

◇◆ひとりごと、あるいは日記◆◇


◇◆Diary◆◇

昔々のDiary
過去の日記一覧です
◇◆2003年9月◆◇


9月30日(火)  12時間労働(泣)


今日は全国安全衛生週間ということで、朝から食堂で集会である。
普段8時45分始まりなのに、今日は7時45分から集会。8時から仕事。
で、月末なので夜は8時過ぎるのは確実。
毎年のこととはいえ、勘弁していただきたい慣習である。

さて、帰宅してTVのチャンネルを変えたら、細木数子さんの特番をやっていた。
今年の初め「ウンナン」の番組でウッチャンにひどい事をおしゃっていましたけど・・・。
(山咲トオルさんも同じコト言われてました。)←筋肉番付(内村光良)参照
今回はその拡大版ですか・・・・。
いゃー、芸能人を止めた方がいいとか、欲が深いとか・・・。
キッツイコトおっしゃってますけど、「家族・子供・旦那を大事に」というのには同感。
結局、自分の足元をしっかりさせないといけないってコトなんですよね。


9月28日(日)  うたたねの結末


昨日気持ちよく、多少寒いにもかかわらずソファーでうたたねをした結果・・・風邪を引いたらしい。
朝から頭が痛くて仕方がない。
咳が出るわけではないけど、筋肉痛。
いかんなぁ、これは私の風邪の初期症状。
ここで無理をすると悪化するのはわかりきっているので、とにかくずっーと横になっていた。
昼過ぎにあまりに頭痛がひどいので、頭痛薬を飲む。
おかげで、夕方位になんとか復活。
あ、一日終わっちゃた。


9月27日(土)  ありゃりゃ・・・


アガサ・クリスティが大好きな私。
DVD化されたものは全て購入していて、ビデオも中古などで結構収集している。
久しぶりにアガサ・クリスティ物「そして誰もいなくなった」がDVD化されるというので予約。
それが入荷したという連絡があったのでとりに行った。

が・・・思っていたものと違っていた。
いえ、この「そして誰もいなくなった」は4回映像化されていて、何番目のモノかわからなかったのに予約したのだ。(←馬鹿)
はぁー。
今回のは日本未公開の1945年の作品。一番最初の映像化モノで多分白黒・・・。
見たことないから、いいと言えばいいんだけどね。

次の楽しみは11月21日発売のDVD−Box「金田一耕介の事件匣」。
市川崑監督、石坂浩二さんの金田一耕介・・・・。
個人的に金田一=古谷一行氏と思っているんだけど、どうもこれ初回限定っぽい。
あと、「悪魔の手鞠唄」(一番好きな話)も入ってるし、限定ディスクも入ってるらしい・・・。
横溝正史ファンとしては、買うしかないでしょう。(泣)


9月24日(水)  深夜の怪 パート2


深夜、熟睡していたら突然耳障りな音で目が覚めた。
聞き覚えのない音が鳴り響いて、とてもうるさい。
音のする方へ行くと、どうもビデオデッキあたりからしている。
原因はともかく、ビデオデッキの電源を抜いてみた。
音は止まらない。
一体何の音だろう。
ふと、時計も付いているデジタルカレンダーの存在を思い出す。
ビデオデッキの上を探すと、見事に鳴っていた。
アラームが鳴っているらしいけど、止め方がわからない。
とりあえず、電池を抜こうとしたらネシ゜で電池カバーがとめられている。
ドライバーを取り出し、ネジをはずし、電池を抜いたら音は止まった。
ふと、時計を見ると丁度3時。
全くなんでこんな時間に起きなきゃならないんだ・・・・。

結局、使いもしないものを部屋に持ち込んだ私が悪いんだよね。
やっぱり、いらないガラクタは処分しなくてはと決意を新たにするのであった。

それにしても、睡眠不足。
眠いよぉー。


9月23日(火)  女子十二楽坊


昨日とは打って変わって天気がよろしくない。
ふとんも干したいし、シーツも洗いたかったのに断念。

仕方ないのでPCをいじりながら、なる吉くんに借りた「女子十二楽坊」を聞いていた。
買おうか迷ったけど、買わなくてよかった。
だって、悪くないけど気に入ったのは結局1曲だけ。
あと、DVDもワイドショーで流されていたのでほとんど知っていたし。
DVDにメンバーの紹介も入ってたんだけど、全員美人かと思っていたら・・・・
ま、好みはイロイロでしょうから。

さて、ヒマなので妹に借りている「キダム」と「サルティンバンコ」も見る。
が、気持ちいいのでついつい寝てしまった。
結局肌寒いので目が覚めたけど。


9月21日(日)  「小次郎、敗れたり!」


TOKIOの松岡クンが出ているけど、全く見ていない大河ドラマ「武蔵」。
いえ、録画だけはしているけど。
いよいよ、今日が巌流島。
今日くらいは見ようと思い、DVDをスタンバイして待っていた。
はっきり言って、一度もまともに見ていないのでストーリーがわからない。
でも、松岡クンの佐々木小次郎カッコいいなぁー。
と思っているうちに、決闘開始。
あっという間に決着が。
事実とは言え、抜き身を持ってる人が木刀に負けるって・・・・
で、小次郎って死んだの?


9月15日(月)  あちゅ、ジジと草取りをする


あちゅの朝はやっぱり早い。
しかし、さらに早いのがジジと妹。
あちゅが起きた時すでに起きていた。
ママがいないので、泣いているあちゅに「おいで」と手を差し伸べると、ピーピー泣いていたけど私の方へよってきた。カワイイのー。
さて、私も寝起きでボケてるので階段から落ちないようにしっかり手すりを持って一階へ。

妹は外で洗車中だった。
外に出る前にあちゅに靴を履かせる。
で、放牧。
ウチのすぐ前に用水路があるので、あちゅに付きっきりで遊ばせる。
今日は水量も多いし、流れも速い。
あちゅが落っこちたら大変だよ。もし落ちたらオバは飛び込むけどね。

さて、洗車中の妹が車の向こう側で見えなくなって、しばらくしたらあちゅが突然家の中へ入っていった。
靴を履いたまま家へ入ろうとするので、何事かと思って靴を脱がせて家の中へ。
そのまんま、階段の前まで行って2階を指さすのだ。
どうも、ママが見えなくなったので2階にいるんじゃないかと思ったらしい。
「ママはお外だよー」と言いながら、抱っこして外へ。
妹を呼んだら、車の向こうから出てきたのであちゅも安心したらしい。
また、石を触ったりして遊びだした。

時々、ジジがあちゅを抱っこして散歩がてら、近所へ見せびらかしに行っていた。
近所に家が増えて、お子ちゃまが増えてきているから遊び相手は多いのだ。

さて、昼前妹の希望でまたしてもマクドナルドへ。
今回のお目当ては、レールと列車のセット。
ただし、レールは4分の1ずつ。4種類全て集めないと遊べないという。
あと、2つでレールが完成するんだとさ。
ジジの分も購入して帰宅。

昼食後、ジジが裏庭の草取りをしていたら、そばであちゅが見ていた。
多分ジジが草取りに使っていた道具に興味があったんだと思うけど。
随分、こちらの家族にも慣れてきてママがいなくても、多少は大丈夫になってきたみたい。
嬉しいね。

あちゅも大分言葉がわかってきているみたい。
妹が「オバオバ叩いておいで」って言ったら、私を叩きに来たし・・・こら。
しかし・・・・以前はあちゅに「オバオバ」と呼ばせるつもりだったけど、
ヤッパ止めようかな。
何か私の事「バ」って言ってるようなのだ。
(ちなみに妹のことも「バ」。ただし、ダンナだけは「パーパー」。くそっ。)
うーん、人前で「ババ」って呼ばれても・・・・困る。
やはり「お姉ちゃん」にした方がいいのか。

さて、旦那の実家にも寄る予定なので、妹とあちゅは3時位に帰っていった。
さすがに3日間いたので、いなくなると寂しい。
でも、疲れもたまる。
次は10月のお祭りさ。


9月14日(日)  あちゅ、水浴びをする


あちゅの朝は早い。
大体6時には起きてくれる。
寝起きのあちゅは「ゲッツ」をするらしいので、「ゲッツ」と言ったけど、やってくれなかった。
しかし、我が妹も実子に何教えてるんだか。
どうやら、ブームが去ったらしい。
でも、1回だけやってくれた。かわいい「ゲッツ」。

午前中2時間だけ、妹とマンガ喫茶へ。
あちゅを産んでから一度も行っていないと、妹が主張。
あちゅはジジが見ることに。ごめんなさーい。

さて、今日はあちゅに水浴びをさせようという訳で、昔使ったベビーバスに水を張ってあちゅに水着を着せて水浴び決行。
妹に会いに来たユキちゃんも参加。
ものすごく天気がいいので、水は結構暖かくなっていた。
初め水につけるとピクッと嫌がってたあちゅも慣れたのか、嬉そーに水をバシャバシャして遊んでいる。
ペットボトルに水を入れたり、こぼしたりして遊ぶ。
で油断すると水をかけられたり。
飛び散る水滴もなんのその、あちゅを撮る為だけに買いなおしたデジカメで激写。
野外ライブで壊れるのは嫌だけど、あちゅを撮る為だったら壊れてもOKさ。
何しろ、あちゅの為だけに買いなおしたんだからね。

水浴び後、私の部屋でコーヒー・ブレイク。
ユキちゃんにあちゅはキューピーさんが嫌いだと話したら、「PCの側に置けば。」と言われて置いてみた。
効果てきめん、よっぽど嫌なんだろうね。
PCに近づこうとして、キューピーさんを見て固まってる。
まぁ、まだお座りも出来ないころ、ババがいきなりあちゅに見せた時なんて<目見開いて、硬直したもんね。
いえ、母は昔私らが遊んだ(らしい)キューピーさんをあちゅの為に綺麗に洗ってくれたらしい。
あちゅが喜ぶだろうと思ったんだろうけど・・・。
でもこのキューピーさん結構不気味なんだけど。
キューピーさん持ってあちゅ追いかけたらダッシュで逃げてったし。
トラウマになってたりして。


9月13日(土)  あちゅ、オバオバに暴行


約一ヶ月ぶりに、あちゅが来る。
ちょっと遠くのショッピング・モールで昼の12時に妹と待ち合わせである。
渋滞にハマるのが嫌なので、待ち合わせの一時間前に到着。
あちゅがいると多分買い物できないだろうからと、ショッピング三昧である。
しかし、最近のDVD市場はスゴイなぁ。
欲しいDVDが山のようにあって困ってしまう。
11月には石坂さん主演映画の金田一耕介シリーズのDVD−Boxが発売されるし。
あーあーあー「サムライフィクション」も出てる、「そして誰もいなくなった」もDVD化されるし。
最近ようやく「ムトゥ、踊るマハラジャ」のDVDをゲット。
例の安くなるキャンペーンをずっと狙っていたのだ。
自慢ではないが大変気が長い私は最近約20年越しでM.ジャクションの「スリラー」のプロモをゲットした。
知らない間にDVD化されてたのである。
とにかく本気で欲しいと思ったら、何年経っても欲しいのである。困ったものである。
そして、モノが増えていくのだなぁ。
あ゛あ゛あ゛、シンプルライフへの道は遠い。
(でも、捨てるコトも覚えたぞ。)

さて、妹が到着したと電話があったのでトヨタNetsへ向かう。
窓越しに妹のクルマが見えたので、近づいてあちゅを車から降ろす。
寝てたみたいで、寝ぼけモードのあちゅ
汗でベッタベタの頭をスリスリと胸元にすりつけてくれた・・・・・やめて。
妹がクルマの定期点検を頼み、ついでに私もクルマの見積もりを依頼。
そろそろホントに買い替えようと思って。
一応、2車種の見積もりを依頼して、お昼ご飯へGo。
前に行ったイタリアンのお店に落ち着く。
またしても、ペアランチを注文。
今回は、サラダ、ピザ、ミートスパとツナと青シソのリゾットに小さいデザート。
そして、飲み物までついて2000円。ホントお得である。
さて、店に落ち着いてから目が覚めてきたあちゅはもー大変。
奇声を上げて、走りまわるお子ちゃまではないんだけど、大人しく座るってないのだ。
とにかく、動きたいらしくポテポテとテーブルの周りを歩いてニコーっと笑ってる。
でもねぇ、ウエイトレスさんの邪魔になったり、厨房の中に入ろうとするので、抱き上げると泣いて嫌がるのだ。
全く。困ったちゃんである。
さて、食事が終わり一応ショッピング。
困ったちゃんは健在である。
無印良品の店で気に入ったトコロに居座り動こうとしない。
別のトコロも見たいのにぃー。
かと思ったら、いきなり動き出して、歩いてるヒトを驚かすのだ。
だって、いくら飛び出してきたからって小さいお子ちゃまを蹴ったら、(ゲッ!ヤバっ。)位思っちゃうよねぇ。
実際、飛び出してぶつかってコケてたりしたんだけど。
本人はいたって元気なものである。
蹴ったヒトに悪いわ。

あと、どこかのお嬢さんに触ろうとして「いやぁ〜(泣)」と言われてたわ。
傍目には、お子ちゃま同士で微笑ましい図なんだけどねぇ。
お嬢さんの保護者も笑って見てたし。
あちゅ、同い年位のお嬢さんには人気がないのかな。
今日もDHCのカウンターのお姉さま方には「可愛い、可愛い」と大人気だったのに。
先日も知らないお姉さんに「可愛いから抱っこさせて下さい」なんて言われたらしいんだけどなぁ。
実際この日見た子であちゅが一番可愛かった。(←オバ馬鹿爆裂中)

さて、帰宅して夕食後。
私の部屋でくつろいでいる時、私が寝転がっていたらあちゅが来て、お腹にまたがってきて、汗カキ頭をスーリスリしてきたのだ。
「ギャー、いやー、止めてー、頭汗ベッタベタなのよぉー!」
と、叫ぶオバが喜んでいると思ったのか、あちゅはその後も何度かやってくれた・・・
あちゅがあきて止めてくれた時には、オバはグッタリであった。
あちゅよ、このお代は高くつくぞ。
なにしろ、オバオバは気が長いからね。20年後位にとりたてに行こうかね。


9月10日(水)  「死止帯」とはなんだ?


誕生日が過ぎて、そろそろ行かないとマズイので免許の更新に行くことにした。
今は証明写真もいらないし、更新日も指定されていないので、楽と言えば楽。
ただし、曜日と時間の指定はあるけど。
8時半からの受付だから、多分10時までには終わる。
わさわざ有給をとらなくてもいいんだけど、ほら月に一日は休まないといけないので休み。
さて、平日のせいか更新者は少なかった。
申請書を書いて、視力検査受けたら、写真撮って終わり。
免許が出来上がるまで、30分の講習を受けるだけであった。
講習内容はといえば、毎回道交法の改正事項と交通事故の傾向。
最近、携帯電話が原因の事故と信号無視による交差点での事故が増えているんだそうだ。
確かに、携帯電話をかけながら運転しているヒトは多いし、信号の変わり目で突っ込んでくるヒトも増えてるなぁ。
で、この地域で携帯電話に夢中で堤防から車ごと落ちて亡くなったヒトがいたらしい。
私も気をつけよう。
さて、タイトルの「死止帯」。これは、「シートベルト」のコト。
講習をしてくれたヒトが以前受講者に言われたという言葉。
「死を止める帯」、うーん確かにね。
私自身は親がずぅーっとシートベルトをしているので、付けるのが当たり前だと思っているんですけど。
しないヒトって、多分自分は事故はしないと思ってるんだろうな。
で、その自信はどこからくるんだろうね。
自分が起こさなくったって、巻き込まれることはありえるだろうし。
速度違反のトラックが突っ込んできたら、どうするんだろ。
あ、トラックが突っ込んできたら死ぬわ。シートベルトしてても。


9月9日(火)  ちょっと不眠症復活かも・・・


ここ最近異常に暑いので、夜中に必ず目が覚める。
暦は9月だけど、私的には8月終わりで梅雨があけたんだろうと思っている。
ということは、今は夏真っ盛り。
日は短くなっているんだけどなぁ。

それより、暑くて寝てられない。
8月にはほとんどクーラー使用してないのに、9月になってから使用しまくりだよ。


9月8日(月)  今日はヤバイっ!


出勤してエレベーターを待つ間、もう少しで貧血になるところだった。
そして、大量に冷や汗をかいた。
そして、自分の席に着いたら異常に寒い。
エアコンを見ると、めずらしく最強に下げてある。
丁度風が私のおでこに直撃するので、しばらくすると頭が痛くなってしまった。
仕方ないので、風の向きを調整し温度設定も上げてみることにした。
でも、汗が冷えたのか気分まで悪くなってしまったのだ。
帰ろうかとも思ったけど、月曜日に出勤早々に早退するのも気がひけるし。
だって、絶対「遊び過ぎ!」って言われるもんなぁ。

結局10時のティータイムに温かいコーヒーを飲み、少し落ち着いた。
何とか一日もちそうである。


9月7日(日)  大快晴


朝起きてみると、雲ひとつない快晴であった。
もうこれは、洗濯するしかないという位真っ青な空。
溜まっていたジーンズ系や洗いたかったシーツを洗濯した。

そして、あまりにも天気がいいので、ついつい大部屋の掃除を始めてしまった。
で、夜になっても終わらない。
本棚を移動したのはいいものの、中味が全部戻らないよぉー。
週末にあちゅが来るので、それまでには片付けないと・・・
しかし、片付くのかなぁ。


9月6日(土)  ディズニーランドって、安全じゃないの?


アメリカのディズニーランドのビッグサンダーマウンテンが脱線した、というニュースがTVで放送されていた。
一瞬、耳を疑ったものだが、もっと怖い事実が判明。
ディズニーランドの社長さんが記者会見していて、「5年ぶりの事故」とのたもうたのだ。
???
え、5年ぶりってどういうことと思っていたら、ニュースキャスターが説明を始めた。
それによると、「過去11人死亡している」という。
はぁ?ディズニーランドって安全じゃあないのかい?
普通のアトラクションで死亡事故って考えられないから、やっぱりジェットコースター系での事故なんだろうけどさ。
私はコースター系が嫌いだけど、とりあえず乗る時もあるしさ。
とにかく、安全第一で営業していただきたいものである。

しかし、今年はコースター系の事故の多い年なのかも知れない。
先月長島でも事故があったし。
今年はコースター系を避けた方がいいのかも知れない。


9月5日(金)  知恵の輪


ガッちゃんが貸してくれた知恵の輪。
3日目になっても外れない。
散々イロイロ試みるも駄目。
私って「お馬鹿」?
と、相当ヘコんでいたのだが、定時近くに外れた。
そーか、そうだったのかと納得。
思わぬトコロから外れたのであった。
思い込みって、怖いな。

このコトとは別で、またまた今日はいい事があった。
でもヒミツ。


9月4日(木)  どこが「ドリーム」だか


今日と明日、目の前に座っている同僚が研修へ行っているらしい。
先日この研修のことで、すでに行ったガッちゃんから内容を聞いていたので、あーあーあーという気分なのだ。

研修の名は「ドリームエイジ」。
言葉だけ聞くと、よさそうな研修に聞こえるんだけど実際はかなり現実的な生活設計についての研修なのだ。
「老後の生活資金はいくらかかるか」だの「会社がいつまでも使ってくれると思うな」なとど、40才からの生活を真面目に考えさせられる研修なのだと言う。
30才で「グリーンエイジ」、40才で「ドリームエイジ」、50才で「ゴールドエイジ」と言う、生活設計を考えさせられる研修の一つなのである。
そして、この研修は絶対逃げられないのだ。
逃げる道はただひとつ、退職以外はないのである。

是非とも、私は逃げたいものである。


9月3日(水)  またまた、赤ちゃん誕生


同僚が無事男児を出産。
めでたいことである。
締切りも一段落付いたので、皆でお見舞いに行くこととなった。
産んだ病院は、去年あちゅが産まれたのと同じレディースクリニック。
彼女は一人目が女の子だったので、次は男の子が欲しいと言っていたから嬉しいだろうなぁ。
久しぶりのレディースクリニックはちょっと変わっていた。
夜間の人の出入りをチェックする為か、入り口に誰のお見舞いかを聞く人がいるのである。
確か去年は夜間はインターホンで身内のモノですと言って、入り口をあけてもらったけど、それ以前はノーチェック状態だった。
何か問題でも起きたのだろうか?
それは横に置いておいて、とにかくお見舞いである。
部屋番号を聞いて、部屋へ移動。
去年妹がいた部屋と同じなので、ちょっとビックリ。
部屋へ行くと、ダンナさんがいた。
「おめでとうございます。」などと言いながら、赤ちゃんを見ると、ちっちゃい、ちっちゃい。
で、カワイイのだ。
乳児湿疹も出てなくて、綺麗なお顔。
話を聞くと安産だったそうで、これもよかった。
彼女は二人部屋だったんだけど、今出産ラッシュだそうで一人部屋に入れるかどうかわからないらしい。
うーん、最近出産率が減っていると聞くがどうなんだろ。
ただし、私の住んでいる地域は産院が多く、非常に綺麗な建物が普通である。
そして、一人部屋にはシャワー、トイレが付いていて、食事も豪華なのが普通。
で、人気の産院にはヒトが殺到する傾向がある。
だって、安いという市民病院で産んだとしても、この豪華な産院とあまり金額が違わないというし。
そして、いいという産院は口コミで広がり、一旦「良くない」という噂がたつと見るも無残なまでにヒトがこなくなるという。
ま、噂は実際に産んだヒトが言うから信用度が高いしね。
最近医療事故なんかも多いから、病院選びって大切だしね。

たしか、海外って病院別病気別の死亡率か生存率のガイドブックがあると言うけど、日本でも出版されないだろうか。


9月2日(火)  早々と・・・・


自分の締切り業務は終わってしまった。
でも、帰るわけにも行かない。
仕方ないので、締切り後にする仕事をやることにした。
何故、早々と締切りが終わったのか・・・謎である。


9月1日(月)  調子が狂う・・・


締切り業務の途中に休日が入るのは嬉しい。
が、どうも調子が狂うのである。
どこまでやったのか、忘れてしまうから。
出来ることなら、伝票の入力業務の締切りが過ぎてから休む方がいいんだけどなぁ。


上へ

Copyright© 2002-2005 kotohime All Rights Reserved.