◇◆◆琴姫の趣味爛漫◆◆◇
      「捨てる」から始めるシンプルライフ

◇◆TOP ◆◇

◇◆ひとりごと、あるいは日記◆◇


◇◆Diary◆◇

昔々のDiary
過去の日記一覧です
◇◆2003年12月◆◇


12月28日(日)  年末に携帯電話を変える女


ようやく今日から連休スタート。
明日からは大掃除のつもりなので、今日だけはユキちゃんと遊ぶ予定。

まずは携帯電話の買い替えをする為ドコモショップへ。
実は妹の携帯電話があちゅがカジカジしたせいでオシャカになってしまった。
で、元上司がドコモショップ系のグループ会社へ転籍したので、安く買えるようにお願いしたら、何故か私まで買い換えるハメになってしまったのだ。
まぁ、1円なので文句を言うつもりもないんだけど。
(もっとも、手数料が別途3千円かかるのだけどね。)
そして、機種が限定されているし、最新機種というわけでもないのだ。
機種はP(パナソニック)とSH(シャープ)とあと何か。
本当はPにしようかと思ったけど、色が真っ赤しかなくて諦めたのだ。
で、カメラの画素数が100万画素のSHに決定。
あまり、メーカーにこだわりもないし、使い方なんて誰かが言うほど変わらないしね。
今までに、ソニー・パナソニック・京セラ(←au)・三菱とイロイロ使ってきたけど、別にそんなに困らなかったもん。
そして今回が東芝。次は是非Nが使いたいものである。

さて、ドコモショップを後にして、次はヘアカットへ向かう。
先週行けなかったので今日行くのだ。
頭もサッパリして、明日からは大掃除さ。


12月21日(日)  ヒマになっちゃった


今日は久しぶりにユキちゃんとお出かけ。
のハズだったんだけど、ユキちゃんが風邪を引いたのでペケ。
今日はヘアカットに行く予定だったのに。
ずいぶんと髪が伸びてきてるので、年内にはね。

結局出かける勢いがなくなってしまい、部屋をチョコチョコと片付けたり、HDDレコーダーに撮りだめしてある番組とかを見たり、消去したり、DVD−RAMにコピーしたりして過ごした。
このHDDレコーダーって、録画の時メディアの残量を気にしなくていいから便利なんだけど・・・・
油断するとHDD一杯になる危険がある。
だから、こまめにメディアにコピーしておかないと、後々大変なコトになるの。
ま、HDDが壊れるという危険性がないわけでもないしね。

しかし・・・DVD−RAM増えたな。安くなったからかな。
もう、ビデオテープに録画しないものね。
これも、見ないモノ消去しないとね。
(消去したDVD−RAMはまた使えるのだよ。MDみたいなモノなのだ。劣化もほとんどないし便利だよー。)

さて。
Dr.コパによると、六白金星の私は「来年頑張れば全てのモノが手に入る」らしい。
来年は正念場かな。
まずは、お正月に向けて大掃除さ。
年内にもう一度、あちゅも来ることになったしね。


12月20日(土)  また、雪


朝起きると、結構雪が積もっていた。
雪が降ると、家の中にいるのがウチのおきて。
下手に出かけて、事故にでもあうと危ないからなんだけど。
ま、寒いから外にも行きたくないし。
ふと、見るとレンタルしてあるビデオとCDが今日で期限だったので、ビデオのダビとCDのダビをして過ごすことにした。
そして、午後には雪がとけていたので、親と灯油を買いに出かけた。
これで、凍えることはないわ。


12月19日(金)  初雪


天気予報では午後から雪。
でも、午前中は晴天だったので「本当に降るのか?」と思っていたら、天気が急変した。
いきなり、山の方から雲が降りてきて、みぞれが降ってきたのだ。
ノアちゃんによると、去年の初雪は12月10日。
それだけ今年は暖かいのかしらね。

しかし、寒い。
帰宅すると灯油はほとんどないと言われるし。
ファンヒーターの灯油を切らさないように温度を低めに設定してやりすごす。
ああ、ホットカーペット買っておいてよかった。
これがなかったら、私凍えてたよ。

そして、今日はまた「ゴチになります」の放送日だった。
しかし、年何回やるんだ?
昔は月1回で年12回だったような気がするんだけど。
それはともかく、年明けの大清算ゴチに久本さんと別所さんが登場するコトが判明。
久本さんはともかく、別所さん???
懲りずに又やるのね。
今度負けたら、恥の上塗りだよ。


12月18日(木)  復活?不眠症


あまりに疲労気味なのと、トリさんもノアちゃんも今週休むので、私も休むことにした。
またしても、不眠症気味なのだ。
今週ずっーっと、寝るのが午前2時。
起きると、午前5〜6時。また、寝なおすけど、とても身体がもたない状態だ。
寝ればいいのにと思うかも知れないけど、寝れないのだ。
今日もせっかく休んだのだから、寝ればいいのに結局寝れなかった。
本当に医者行った方がいいのかな。
明日もつかしら?


12月17日(水)  楽しいお仕事


今年もそろそろ終わり。
いいかげん年賀状も作成せねばというこの時期、私にとって楽しいお仕事がある。
それは、取引業者さんの持ってくるカレンダーと手帳の仕分け。
ひととおり集まったら、各部署へ配布するのだ。
一応、同じようなのを各部署へ均等に渡すという名目で、全部のカレンダーと手帳に目を通すのだ。
それも、業務中に堂々とやるのだ。
だって、仕事だもん。
そして、おまけとして気に入ったモノをいただいたりする役得つき。
でも、ひとつだけね。
そんなに一杯あっても使わないし。
で、代わりといっては何だが、家にあるカレンダーを持ってきたりする。
家に置いておいても、来年捨てるだけなのよね、生命保険とかのは。

しかし、やっぱり不況のせいか、年々カレンダーと手帳の量が減っている。
特に、手帳。
数年前は書類箱一杯にあったのに、今年なんて10数冊だよ。
そして、それに社員が群がるのだ。
しかしねぇ、手帳くらい買いなさいよ。
それも一般のヒラ社員ならともかく、部長・課長クラスから依頼があったりするのだ。
手帳って、大事でしょ。一年間使うものでしょ。
たかが、千円くらいモンでしょうが。
私なんて、手帳はもちろん卓上カレンダーでさえ、
「こういう部署にいるからいいね。」なんて言われたくなくて買ってたんだよ。
まあ、今は業者からのを使ってるけどさ。
でも、手帳には非常にこだわりがあるので、絶対自分で購入するよ。
と思いつつも、毎年依頼のあるヒトの分は予約として、別にしているあたり私もセコイ。
ま、これも上のヒトのご機嫌とりだったりするのだ。
携帯電話関連のグループ会社へ移った元上司の分もしっかり確保してあるもんね。
コレをネタに次の携帯電話を安くしてもらうのだ。

ということは、やっぱり楽しいお仕事なのである。


12月16日(火)  やっぱり・・・私以外にもいるのね (納得)


縁切りしたヒトのHPを見てみたら、BBSに「被害者」からのカキコが。
一瞬、自分の目を疑ってしまった。
知らないウチに私がカキコしたのかと思ってしまったのだ。 
しかし、カキコ時間を見ると夕方の微妙な時間。
私はまだ会社だよ。
ああ、よかった、私じゃなくて。

縁切りするとき言いたいコト全部は言わなかったし、言えるほど簡単な量じゃなかったし、理路整然と言えるような精神状態でなかったのは確かだし。
もー、本当に「二度と私にかかかわらないで!」としか思えないくらい追い詰められていて、縁切ることしか考えてなかった。
実は、今でも時々思い出しては腹が立つことがあるし、許せない。(←コレは心のガラクタなんだけど)
そして、未だに後遺症に悩んでいる。
不眠症だし、情緒不安定だし、胃に多発性ポリープはあるし。
時々言おうとしたコトと言ったコトが全く違うコトがあったりすることもある。
以前ほど多い回数じゃないけどね。
だから、いまひとつ自分の行動に自信がないのだよ。
で、無意識でカキコしたのかと真剣に思ってしまったのだ。

それにしても、「被害者」と名乗られ、カキコまでされるとは、相当怨まれてるねぇ。
ひょっとして私の知っているヒトなんだろうか?
思い当たるヒトがいない訳でもないんだけど、確証はないし。
しかし、本人には心当たりはないんだろうなぁ。
自分は「イイヒト」だと思ってるみたいだしさ。
でも、私から見ると無意識にヒトのカンに触るコトを平気で言うヒトだったし、本人は気づかずに初対面のヒトにケンカを売るヒトだったからね。
親しかったヒトだけでなく、ただの顔見知りっていう可能性も十二分にあるね。
BBSでも、そのコトを指摘されてたけどね。

反省しろったって、本人が無意識だったらねぇ、言うだけ無駄だよね。
だから、私は何も言わないかった。
だって、ヒトの話なんて聞かないんだもの、言うだけ無駄でしょ。

でも、少なくともHPのアドレスを知っているヒトってコトだよね。
ある意味私ができなかったコトを実行したそのヒトに拍手。
ま、褒められたコトではないんだろうけどね。
ただ、こういう方法しかとれなかったんだろうなと思うと、
やはりカキコされたヒトに問題があるとしか思えないよ、私。


12月14日(日)  せっかくのいい席なのにぃ〜


夜中にいきなりあちゅが起きた。
こういう時間に起きると、何故かご機嫌さんな時があったりする。
今回もそうで、パッチリお目々でニコニコととんでもなく愛らしい顔でちょっかいをかけてくるのだ。
かっ、可愛い。
でも、オバは眠いぞ。
妹もさすがに早いので「寝ろーっ!」とばかりに布団に引っ張りこんでしまった。

さて、朝である。
あちゅと「アバレンジャー」と「仮面ライダー555」を見てから朝ごはん。
そして妹は洗車。
洗車中のあちゅはオバがお守り。
水溜りなんかに平気で入っていこうとするので、危険なのだ。
服が濡れると着替えさせなきゃならないからね。
洗車中にジジがあちゅを連れ去ること数回。
泣き叫ぶあちゅを抱っこして連れて行くジジ、その姿は”ひとさらい”である。
日曜日の早朝に、いい近所迷惑である。
しかし、実の子に「ゲッツ!」を教えるお馬鹿さんの姉はやはりお馬鹿さんだった。
あちゅを追いかけて「迫り来る競歩(←ボキャ天見てたヒトにしか理解不能)」などと言いつつ、あちゅの後ろを競歩の歩き方で歩いて遊んでいたりしたのだ。
ああ、近所のヒトが見てたら何て思うか。

なんだかんだで、洗車も終わり、ジジは出かけてしまった。
妹とあちゅも遅くなると旦那が怒ると早々に帰っていってしまった。
とたんにものすごく寂しくなってしまった、私。
家にいても寂しいだけなので、アルフィーさんのコンサートに出かけることにした。

しかし・・・ハマった。
名古屋市内に入った途端大渋滞。
普段なら5分で行けるトコロが30分以上かかる。
開演時間が迫る中、イライラしても少しずつしか進まない。
なんとか開演前にはたどりつけたけど、すっかり疲れてしまった。

そして、寂しい上にイライラし続けたせいか体調が一機に悪化。
コンサート途中で耐えられなくなること数回。
いまひとつ盛り上がれないままになってしまった。
せっかくの1階席なのにね。
そして、アンコールの2回目が終わった時ついにダウン。
まだ、アンコールがありそうだったけど、これ以上は無理とあきらめて帰ることにした。
あーあー、本当に身体弱くなったなぁ。
来年の課題は肉体改造かな。


12月13日(土)  やっばり家族が一番
               (↑ただの言い訳にすぎない・・・)



という訳でー、アルフィーさんのコンサートをサボった私。
アルフィーさん、ごめんなさい。
でもね、コンサートの行き返りとライブの時間で約8時間。
無駄だなんて思わないけど、あちゅの側にいる方が大事。
ピヨピヨと天使そのもので寝ているあちゅの側でなんて可愛いいんだろと思う時間の方が大切だと思うのは仕方ないでしょ?

そして、メールを送ったユキちゃんも来ることになった。
最近ユキちゃんの仕事が滅茶苦茶忙しくて、全然会っていないのだ。
そして、皆で夕ご飯。
やっぱり、コンサート行かなくてよかったかも。


12月12日(金)  あちゅがいるけど料理教室


朝、あちゅの声で目覚める。
そしてやはりあちゅのママはいないのである。
以前ならそのままお布団の上でピーピー泣いていたけど、いまや歩いてふすまをあけて、さらに階段を下りていこうとするので危なくて。
歩いていくあちゅを捕まえつつ、妹を呼ぶ。

妹と私の部屋へ行き、あちゅのお着替え。
そして、TVのお子ちゃま番組を見せると一緒に踊ってたりする。
しかし、私には理解できない世界だけど、子供番組って子供には魅力があるのね。
(でも、エイゴリアンは怖い。きのこが食べれなくなりそうだ。)

さて、今日は料理教室の日。
外出しようとしたら、玄関まで付いてきたあちゅにバイバイとすると、バイバイと返してくれる。
後ろ髪引かれる思いで料理教室へ。

今日のメニューはお正月のおせちにもできるという「いりどりとサケの南蛮漬け」。
そして残ったおもちで作れる「焼きもち茶漬け。」
いゃー、いりどりは大好き。
南蛮漬けは一度作ってみたかったのでラッキー。
両方ともおいしくできました。
焼きもち茶漬けは、もともとお茶漬けが嫌いなのでコメントなし。
料理教室って、実際に作るのも大事なんだけど、その前の先生の説明がミソ。
材料の特徴や代替品の紹介。また、材料のきり方などが目の前で見れるから。
これが一番タメになる気がする。
そして、やっぱりあとは作るコトだよね。

帰宅するとあちゅはお風呂に入ったあと。
全員就寝してた。悲しーい。


12月11日(木)  あちゅ来たる


今日から妹とあちゅがお泊りに来る。
で、私は明日から3連休なのだ。
せっかくあちゅがいるのに会社なんて行けないわ。
どうせ、残業がつかないから余っているもんね。
という訳で仕事はキレイに片付けておかなくてはいけないので、頑張ってお仕事。

帰宅すると、台所から妹の声がする。
まず、「あちゅー。」と声をかけてから、手洗いとうがい。
そしたら、後ろから愛らしい軽い足音が。
あちゅである。
今日は美容院で髪を切ってもらったので、さらに愛らしくなっていた。
あちゅを連れて台所に行くと、みんなで食事中。
私も夕ご飯。
その後、ババのリクエストでケーキを買いに外出。
帰宅後、あちゅとお風呂である。
ずいぶんと言葉を理解してきたあちゅは万歳と言うと、ちゃんと万歳をしてくれる。
お風呂場に入ると、すぐに湯船に入りたがるし。
湯船に入ると、窓際のあひるとクマ(温度計)をとれと要求するし。
ま、あちゅを洗うのは妹だけどね。
さすがに洗うのは怖いのよ。特に頭がね。
そして、やっぱりママが先にお風呂から上がると付いていこうとして泣くんだけど。
以前ほど泣き叫ぶっていう状態でもないの。
でも、身体がしっかりしてきたから、湯船を昇ってでも出ようとするので危険だわ。

そして、風呂上りのあちゅと遊ぶ。
でも、おねむのあちゅは妹の手を引いてお布団のある部屋へ行こうとするの。
隣の部屋でいつも寝るので、わかってるんだよね。
そして、その後私もあちゅの隣の布団へもぐりこむ。
幸せ。


12月8日(月)  人それぞれ


いつものメンバーでお昼を食べながら「ライオンキング」談義である。
一緒にお昼を食べている6人のうち3人が観に行ったのだ。
しかし、同じ舞台を観ていても感じるところは人それぞれである。

私は主に舞台装置や衣装、ダンスの美しさに注目していたけど、なる吉くんは動物の動きやどうやって動かしているのかに注目していたらしい。
そして、私は見ていないけど以前「めちゃイケ」で岡村クンが「ライオンキング」に出たらしく、どこかに岡村クンがいるのではないかと探していたらしい。
あと、もう一人の子は父役のライオンの仮面の動きが不思議だったようだ。
私は気が付かなかったけど、どうも他のライオンと違う動きをしていたらしい。

あと、一致したのが父役のライオンが死んだ時のメスライオン達の悲しみの表現方法。
ヒトの頭の上にライオンの頭がついているんだけど、このライオンの目から涙を表現したらしいリボンを引っ張るのだ。
いや、涙っていうのはわかるんだけど、正直笑ってしまったのだ。

あと、名古屋だから名古屋弁だけど、関西だと関西弁だと判明。
いやー、関西でも観てみたいね。


12月7日(日)  お歳暮にかこつけて


朝起きたら、親がいなくて慌てた。
今日は親が妹の嫁ぎ先へお歳暮を持っていくのに、便乗するつもりだったのだ。
が、しばらくすると親は帰宅。
何のことはない、灯油を買いに行っていただけらしい、ホッ。

さて、親と一緒に妹の嫁ぎ先へ。
座敷に落ち着いたら、あちゅがチョコチョコって歩いてきて、私の膝にちょこんとお座り。
可愛いなぁ〜。
さて、昼ご飯をご馳走になり、帰宅。
今週は木曜日から妹とあちゅが来るので楽しみである。


12月6日(土)  「ライオンキング」 〜初めてのミュージカル〜


今日は久しぶりに名古屋へ。
目的は「ライオンキング」。
会社の斡旋があったので申し込んだら当選。
で、妹夫婦と一緒に観に行くのだ。
5月の「キダム」といい、今回の「ライオンキング」といい、会社の福利厚生を利用しまくりである。
ついでに2005年の「愛 地球博」の早期販売も会社の斡旋があって申し込んでしまった。
妙な気兼ねをするヒトがいないっていいね。

さて、何はともあれ「ライオンキング」である。
ディズニーの映画系はあまり興味がないので、この「ライオンキング」も見たことがないのだ。
しかし、動物モノをミュージカルにするのってどうだろうかと思っていたのだけど。
それにしても、会社の斡旋だから仕方ないけど私達の席のあたりは全員ウチの会社のヒトとその家族。
なんと、なる吉くんが真後ろの席だったのには驚いた。
劇場に入る際にも何人か知り合いの顔を見たし。

で、肝心の「ライオンキング」。
劇団四季のミュージカル専用劇場という舞台を最大限に生かした作品だと思う。
夕焼けの美しさ、通路全てを使ったオープニング。
動く舞台、カーテンによる風景の移り変わり。
歌の美しさ、響きのよさ。
そして、よく訓練された役者の動き、ダンス。
ま、子供の演技には何も言うまい。
名古屋には有名役者はこないと聞くけど、別に役者を観にいったのではないからどうでもいい。
何より、専用劇場なだけに後ろの席でも十二分に観劇ができることのよさ。
何しろ普通の会館だと、後ろの席ではよく見えないことが多いから。
あと、名古屋だから名古屋弁がを話すキャラが出てきたり、笑いを誘う場面もあり。
あっと言う間に終わってしまった。
ストーリーを知らないだけに、どういう風に話が展開していくかにもドキドキできてよかった。
ま、最後は読めたけどね。

さて、劇場を出て私の車で妹夫婦を妹の旦那の実家まで送る。
もちろん、私の目的はあちゅ
今回あちゅは旦那の実家でお留守番。
さすがに、一緒に観劇はまだ無理だと思うからね。
そういえば、 劇団四季のミュージカル専用劇場では子供も預かってくれるらしい。
ただし、事前に申し込まなきゃならないみたいだけど。
その配慮はすばらしいと思う。

さて、妹の嫁ぎ先へ到着して、あちゅとご対面。
やっばりあちゅは可愛いかった。
あまりにも可愛いのでグズグスしていたら、ご飯をゴチになってしまうことに。
そして、その後夜景のきれいな場所へ。
あ゛あ゛ー、デジカメ持って行けばよかった。


上へ

Copyright© 2002-2005 kotohime All Rights Reserved.