◇◆◆琴姫の趣味爛漫◆◆◇
      「捨てる」から始めるシンプルライフ

◇◆TOP ◆◇

◇◆お風呂でポチャン◆◇



2003年1月


12日日曜日

今日のお風呂本
千葉敦子著  ニュー・ウーマン 
いい仕事をして豊かに暮らす法 (ダイヤモンド社)

就職前後に読みまくって、ボロボロにしたので買いなおした本。
思い返すと、学生時代の方が仕事関係のハウツー本を読みまくっていた。
作者は既にお亡くなりになったフリー・ジャーナリストの方。
もうン十年も前の本だけど、仕事への取り組み方や生活の楽しみ方など本当に参考になる。

読み返して、改めて自分がちぃーっとも成長していない事を実感。
今まで何やってたんだろ。

     
今日の入浴剤
花王バブ りんごの香り/湯の色:うすい黄色

その他
ジュリー・モーゲンスターン著  ワーキング・ウーマンのための超整理法
中小路佳代子訳                         (角川書店)

この手の本は必ずといっていいほど買う。
高いけど・・・この本も1700円もした。まぁ、300頁位もあるけど。

内容は題名通り、整理法。
ただ、普通の整理法と違う点が多い。
まず、今の状況を何故片付けたいか、また片付けられない心理を分析。
その上、今現在うまく整理できている所を探して、その方法を活かし、
自分だけの整理法をつくりあげる
というもの。

よくある「コレはこうして片付けましょう」という本ではない。
あと、「不要なもの&使ってないものはとにかく捨てましょう」とも書いてない。
「捨てたくなければ、今持っているものを整理して、使いやすくすればOK」だそうだ。
「モノをためるのは理由があるので、無理はよくない」というありがたいお言葉。
整理して使いやすくすると、そのうち捨てることもできるようになる(かもしれない)と言う。
「捨てる!技術」を読んでとにかく捨てたが、正直本だけは失敗したと思う・・・
雑誌はいいんだけど、あまり買わないし。
思い入れのある気に入った本はやっぱり手元に置いておくべきだったかなと。
現在買いなおしている本もあるので、やはり無理はいけない。
でも、散々人にも「捨てること」を勧めていたんだよね。
やはり「意見を無理矢理押し付ける」のはよくないわ、反省しよう。

しかし、私の究極の理想は「何んにもない部屋」である。
この理想が実現する日は来るんだろうか。

追記
  何故題名に「ワーキング・ウーマンのための」とつけたんだろう。
  原題にはそんな言葉入っていないのに。
  女性だけでなく、男性にも十分参考になると思うのに。
  整理整頓するのは女の仕事なの? 


   


11日土曜日

今日のお風呂本
ジェフ・キャンベル著  気持ちのいい生活空間の作り方
アントラム栢木利美訳        アメリカ流モノの捨て方・残すこだわり
(株式会社ジャパンタイムズ)

やっぱり整理法の本。
この訳者の方の書いた本を以前読んだことがあるので、
どんな本を翻訳されたのか興味を持ち購入。

著者の方はアメリカの掃除サービス会社の方だそうで、掃除の方法を書いた本が大好評。
その読者からの
「掃除をはじめようにもあまりにも部屋が散らかっていて始められないという声に答えた解説書」
だそうです。      (著者紹介より)

アメリカの家って、ものすごく片付いたインテリアのすばらしい家ばかりだと思っていた私には驚き。
どこの国にもかたづけられない人はいるようです。
これによると、やはりいらないものは捨てるのが鉄則のようです。
あと、ファイル・キャビネット。あの会社でよく見かける引き出し。
これは使いこなすと「すばらしい散らかし退治箱」になるそうです。
ファイル・キャビネット以外私には目新しい項目はありませんでした。
ただ、写真の整理方法はちょと目新しいものでした。

今日の入浴剤
無印良品バスボール レモングラス/湯の色:乳白色

その他

今日はなし



9日木曜日

今日のお風呂本
横溝正史著  びっくり箱殺人事件 (角川文庫)
以前あまりの題名に買わなかった本。
ただ、今読むと横溝先生ってこんな話も書けたんだと、先生の偉大さを感じます。
これには金田一さんは出ていませんが、等々力警部は出てます。
ただ、金田一シリーズの等々力さんと同一人物かは謎。

「パンドーラの匣(はこ)」公演中の梟座で起こった殺人事件の話。
劇中で開ける箱から出できたものは・・・何とナイフ。
匣(はこ)にナイフを取り付けたのは一体誰か。
そして次々に殺されていく出演者。
公演前に裏方で起こった出演者の殴打事件とは・・・


今日の入浴剤
花王バブ かりんの香り/湯の色:ハニーイエロー/天然かりんエキス配合

その他

今日もなし。



8日水曜日

今日のお風呂本
エレイン・S・ジェイムズ著  素敵な暮らしのダイエット 
由布翔子訳                    〜シンプルライフのすすめ                      
(ダイヤモンド社)

最近またモノが増えてきたような気がするというより、モノが増えた。
以前に比べると、モノは買わなくなったし、モノを捨てるのも上手になったと思う。
しかしまだまだ、シンプルライフには遠いらしい。

その昔、インテリア雑誌を山ほど買い込み、通販で収納グッズを買い込んでいた私にガツンと一発かましてくれた本。
日々の生活が重荷と感じる人にお薦めの一冊です。


今日の入浴剤
ゆず まるごと一個

その他

今日もなし。



7日火曜日

今日のお風呂本
江戸川乱歩著  黒蜥蜴 (創元推理文庫)

角川文庫でも持っている本だけど、こちらは連載当初の挿絵等が使われているので購入。
その当時の雰囲気が味わえるので、なかなかよい。
けど、挿絵のせいか、文章の配置が悪くて少し読みにくい面あり。

内容は、名探偵・明智小五郎と女賊・黒蜥蜴の戦い。
賊(ぞく)・・・・この言葉も今では使わないよね。

ついつい長湯して、読破。
これ、完全映像化して欲しいなぁ。
でも、黒蜥蜴にピッタリの女優さんがいない。
この作品は、映画やTVでも何度か映像化されているけど、私のイメージの黒蜥蜴とは違うなぁ。
唯一いいと思うのが、美輪明宏さん。特に若い頃。
三島由紀夫の脚本で舞台演じてました。確かビデオにもなったはず。
去年あたり、舞台も再演してた記憶があるけど、またやってくれないかなぁ


今日の入浴剤
花王バブ みかんの香り/湯の色:サニーオレンジ

その他

今日はなし。



4日土曜日

今日のお風呂本
江戸川乱歩著  幽鬼の塔 (春陽堂文庫)の中の「恐怖王」

ちょーっとばかり、横溝先生に飽きてきた私。
久々に江戸川乱歩先生の本にチャレンジしてみた。

これは、明智探偵は出てませんが、なかなか好きな話。
小学校の図書館にあった少年探偵団シリーズでも読んで、好きだった。
物語の初めから、ゴリラ男と死体の盗難。
おまけにと死体に花嫁衣裳を着せて、ゴリラ男と結婚の写真の撮影。
と、なんとも倒錯的な香り漂うお話です。


今日の入浴剤
ゆず まるごと一個

その他

今日はなし。



2日木曜日

今日のお風呂本
横溝正史著  壺中美人 (角川文庫)

今年のお風呂本、第一冊目はコレ。
理由はしぱらく読んでなかったから。
あとは、なんとなく「壺中美人」という芸がお正月ぽいかなと思っただけ。
「壺中美人」とは大きな壺へ美人さんがクネクネしながら入ってしまう芸らしい。
これも是非見てみたいものである。


今日の入浴剤
花王バブ 気分ほぐれるカモミールの香り ( バブで一番のお気に入り )
/湯の色:クリアイエロー

やはり最初は好きな入浴剤にて始めたいので。

その他

今日はなし。

朝から初売りの福袋目当てで走った為、ダウン。
気分が悪くなったので、昼寝。
夕方懲りずに買い物に行く。
結局私って、タフなのかなぁ。



1日水曜日 あけましておめでとう

今日のお風呂本

今日はなし

今年最初のお風呂はなし。
結局夕食後から飲み始め、日本酒を720mlほとんど空にした。
久しぶりにヘロヘロになってしまい、この状態でお風呂に入ると危ないと思いやめた。


今日の入浴剤

今日はなし。

その他
よしながふみ著  西洋骨董洋菓子店 (新書館)

いつぞやのフジのドラマ「アンティーク」の原作コミック本。
珍しくこのドラマは好きで見ていたので、原作も気になっていたので、購入。
原作読んで、ドラマの方とはずいぶん違うので驚いた。
設定を借りただけ。
特に天才パティシエの小野さん。
ドラマでは藤木直人君が演じたけど、原作の方はバリバリのゲイ。
さすがにTVではできなかったのね。

それにしても、ドラマを見た後、ケーキが食べたくてしかたがなかった。
お台場のフジテレビ辺りで、限定でいいからアンティークのケーキ販売して欲しかったなぁ。
あー、通販でもいいから販売して欲しかったなぁ。
 



上へ

Copyright© 2002-2004 kotohime All Rights Reserved.