◇◆◆琴姫の趣味爛漫◆◆◇
      「捨てる」から始めるシンプルライフ

◇◆TOP ◆◇

◇◆お風呂でポチャン◆◇



2003年4月


26日 土曜日

今日のお風呂本
岡島瑞徳著  骨盤調整で健康にやせる (宝島社) 現在絶版

TVの健康番組で紹介された「骨盤リフォーム体操」をやってから体調が悪くなった私。
もしかして、ものすごーく身体が壊れてきているのではないかと思い、久しぶりに読み返す。
この本現在入手不可能ですが、数ヶ月前「別冊宝島 骨盤調整で健康にヤセる」というムックがほとんど同じ内容で出版されていました。
内容は骨盤の働きと、調整の仕方。
多分私はかなり骨盤がゆがんでるか、片方だけ開いているのでそれを調整してからでないと「骨盤リフォーム体操」をやってはいけなかったんじゃないだろうか。
それにしても、自分の体調や状態を正確に把握せず、健康法に飛びつくのは危険なことなんだろうな。

現在本当に体調が悪くて、会社へ行く以外横になっている状態が多い。
おまけにすぐ頭痛が起こる。
去年はこれほどでもなかったけど、正直自分が言っている事すら分からないという状態まで追い詰められていた。
おまけに極度の睡眠不足で体調が悪いのも気がつかなかったらしい・・・
原因とは手を切ったけど、まだまだ後遺症は続いている。

     
今日の入浴剤
花王バブ すみれの香り/湯の色:ピュアパープルピンク

その他
栗本 薫著  タナトス・ゲーム 伊集院大介の世紀末 (講談社文庫)

今回は伊集院大介に助手くんとの間のラブシーン書いたヤオイ本が送られてきたトコロからはじまった。
そのヤオイ本を作った女の子たちの知り合いか、遺体で発見され・・・

栗本さんの新作を買うのは何年ぶりだろう。
この前買ったのは、「怒りをこめてふりかえれ」だったハズ。
伊集院大介シリーズは天狼星の一作目以来だ。
読み始めたころ、20代だった伊集院大介がすでに40代とは・・・・
時のたつのの早いことといったら・・・
その上、知らないうちに助手までいるようになっていた。

しかし、栗本さんは変わらないね。
伊集院大介の扱う仕事の犯人はいつも、もっとも身近なヒト。
作家がからむと必ず編集者か何かの形でかかわってくる・・・・
そして、伊集院大介の論理攻め。
今回のネット関係の人物に関する論理はおもしろかった。
ヤオラーの心理状態もね。
自分はあまり抵抗なく、ネットの世界へ入ったし、考えたこともなかったけど、こうして活字としてネット社会の論理を読むのはまた違う。

いろいろ言っても栗本さんの本は好き。
さて、伊集院大介シリーズ集めようかなぁ。

しかしね、ネットの上で「性格ブス」は一発でわかるって言うけど、ネットの上はいいヒトで、実物はとんでもないヒトっているわよ。

   


25日 金曜日

今日のお風呂本
A.クリスティ著  メソポタミア殺人事件 (新潮文庫)

絶世の美女ルイーズ。
再婚相手の考古学者とともにメソポタミアの遺跡の発掘現場で暮らしていたが、
前夫からの脅迫の手紙が届きだし・・・

2002年元旦にNHKで放送された「名探偵ポワロ」の原作です。
(当然録画済み。未ビデオ&DVD化)
珍しく新潮文庫で購入。

やはり、キャスティングに文句あり。
ルイーズの役、もっと美人さんいなかったの?
それと、ケアリー役マッチョすぎないかい?
あと、シーラ。なんであんなに健康的なのかなぁ。

日本人の感覚とはちがうのか、それとも原作と和訳のニュアンスの違いか。
やはり、原作で読まないと駄目だろうか。


今日の入浴剤
花王バブ 野いちごの香り/湯の色:ピュアピンク

「朝つゆはじける野こちごの香り」と箱には書いてある。
しかし、野いちごの香りなんか嗅いだことないので比べようがない。
かなり甘ったるい香りである。
田んぼの道端でみつけたヘビ苺の香りはもっと甘ずっぱい香りだった。
野いちごも甘ずっぱい香りなんじゃないだろうか?


その他
佐々木倫子著  動物のお医者さんvol.2 (花とゆめ増刊)

祝ドラマ化。
先週の木曜日からスタートしたドラマの原作。
どうも月刊化したらしい。
珍しく私が見ようと決心して、2回目も見たドラマである。
あまり難しく考えずに見れるので気がラクなのかも知れない。
何しろ見なくてはいけないと思うと、拘束されているような気がして嫌なのだ。



21日 月曜日

今日のお風呂本
A.クリスティ著  動く指 (早川文庫)

飛行機事故で負傷した兄ジュリーの静養の為、妹ジョアナと住みついた街で起こった事件。
匿名の手紙に弁護士の妻の自殺。さらにメイド殺人事件。
静かな街リムストックに一体何が起こっているのか?
牧師館に泊まっているミス.マープルはこの事件が解けるのか?

先日寝込んだ時、暇つぶしにDVDで見ていたので久々に読み返しハマる。
でも、DVDのキャスティングに一言言いたい。
イメージが違うんですけど・・・


今日の入浴剤
花王バブ しろつめ草の香り/湯の色:ピュアイエロー

「しろつめ草の花が咲いたら、さあ行こーうラスカール。六月の風にー」
と、ついつい歌ってしまった・・・
この曲知っているヒトいるかしら?

しかし、しろつめ草の香りねぇ。
昔よく首飾りを作ったけど、青臭い香りしか覚えてないなぁ。
こんな甘い香りだったっけ。
花王バブの季節限定品でーす。


その他
佐々木倫子著  動物のお医者さんvol.1 (花とゆめ増刊)

祝ドラマ化。
先週の木曜日からスタートしたドラマの原作。
連載最初から雑誌で読んでいた私。
ものすごく好きで、コミックスも全巻持っていたけど処分してしまった・・・
が、ドラマ化のおかげで雑誌の形で出版されたので購入。
だって小さいコミックスより読みやすいんですもの。

しかし、佐々木さんの漫画の独特の間をドラマ化するのは難しいだろうな。
でもドラマ初回を見たところ、ナカナカいい感じ。
チョビのシベリアンハスキーもソックリだし、菱沼さん役の和久井さんもナカナカ。
教授もイイ。
以外とハマッているのが二階堂役の要くん。
結構好きかも。



上へ

Copyright© 2002-2004 kotohime All Rights Reserved.