◇◆◆琴姫の趣味爛漫◆◆◇
      「捨てる」から始めるシンプルライフ

◇◆TOP ◆◇

◇◆「捨てる」からはじめる◆◇
はじめに
「捨てる」と風水の関係
過去の恥?姫の捨てた経緯
◇◆第1章 SimpleLifeへ至る道◆◇
◇◆第2章 めざせSimpleLife 
     〜どうやって捨てる?〜◆◇
      その1 
      その2
      その3
      その4
      その5 
      その6
      その7
      その8
      その9
      その10
      その11
◇◆エピローグ?プロローグ?◆◇
◇◆第2章 めざせSimpleLife 〜どうやって捨てる?〜◆◇

過去の恥・第2章のまたまた続きです。
ついに「捨てる」だけでなく、お店やフリーマーケット・ネットオークションを利用するようになります。
あ、売ったモノの金額も全て記録しておけばよかったのかな。

その1 捨てる生活・夜明け前
その2 ひとつだけ、絶対しちゃ駄目なコト
その3 とりあえず捨てたモノ、しかし最早覚えてもいない・・
その4 捨てるには惜しいモノはフリーマーケットで売る
その5 家具を縮小化する、でもよく考えてからにすればよかった
その6 停滞期、これ以上何を捨てればいいの?

◆その7 爆走期、「捨てる!技術」で捨てまくる

「捨てるモノが何もない」=「スッキリしたシンプル・ライフ」。

のハズなのに、一向にスッキリしていない姫の部屋。
色々とシンプル・ライフの本を読んでみても「モノを処分する」とは書いてあるものの何を捨てるのか、どうやって捨てるのかを具体的に書いてある本はなかった。

シンプル・ライフ本の著者は皆さんよほど思い切りよくすべて捨てたのだろうか?
それとも本当に無駄なモノばかりだったのだろうか?

そこで出会ったのが辰巳 渚 著 「捨てる!技術」(宝島社)

これぞ姫の求めていた本だった。
ああ、辰巳さん。
書いてくれてありがとう。本当に感謝してますぅ〜。

この本でわかったのは、
「捨てるモノがないんじゃなくて、捨てるモノがないと姫が思いこんでいただけ」ということ。

この本はありとあらゆるモノに対する決別の仕方と捨て方の方法が載っていた。
要するに、「モノは何でも全て捨てられる」。
結局捨てられないのは、姫のモノへの執着心なのだ。
と言ってもね、やっぱり捨てられないモノは捨てられないんだよね。

でも、この本を読んでから、「捨て捨て」へ拍車がかかったのも事実。
ま、捨てられそうなモノが判別できるようになってきたのであった。
だから、捨てたぞーっ。

・倉庫に入れてあった古い文庫本・新書
・押入れの中の大量の文庫本・新書


倉庫に保管(?)してたのは、ホコリをかぶってもう読めない状態だったので、廃品回収へ出した。
読まなくなった本&買ったけど読まなかった本で綺麗なモノはBookOff へ売った。

・本棚をずぅーっと占領していた古い本

何と「自給自足生活の方法」などという本まであった。自給自足するつもりだったのかね姫は。
あと、「ムー」なんて怪しい科学雑誌。ウン年分。
縛って廃品回収へ出した。
あと、インテリア雑誌各種。
参考にはなるけど・・・たまってくると邪魔なものである。
とりあえず、好きな部屋のページのみ切り取って廃品回収へ。
その後、切り取りもたまると邪魔なので、切り取らずBookOff へ売った。

・大量のコミックス

あ゛あ゛あ゛〜。
あまりにも大量だったので、もう覚えていないわー。
佐々木倫子さん全て。川原泉さん全て。新沢基栄さんの「奇面組」全部。
「三つ目が通る」全巻、「王家の紋章」全巻、「バスタード」全部。
う゜〜、あとたくさん。
とにかくBookOff へ売った。

・我が青春のコミック本

「魁!男塾」、「エロイカより愛をこめて(続巻中)」、これまた全巻。
押入れの奥底にバッグに入れてしまってあった。
すっかり忘れていたわ。
もう、いらないんだと納得。
これもBookOff へ。

・アルフィーの雑誌の切り抜きファイル

無印良品のファイルにアルフイーの切り抜きが5〜6年分どっさりあった。
約10冊くらいだったかな。
切り抜きが嫌になっても、これは捨てられなかったけど、押入れの天袋へボックスへ入れて保管してあった。
入れる時滅茶苦茶重かったのだ。
しかしそんなとこに入れたら、もう見ないぜ。と、思って捨てた。

・アルフィーのポスター色々

これもまた、ボックスに入れて、押入れの天袋へ保管してあった。
もともと、ポスターを貼るのが好きじゃない姫。
保管状態も悪かった為、ポスターはシワはあるし、角が折れていたりした。
半分泣きながら、破って捨てた。

・お洋服

押入れへ吊るしてあるだけで、ほとんど着ていなかった洋服。
保管状態が悪かったのか、虫食い状態のモノもあった。
何と、パジャマが7枚もあって驚いた。

・使っていない化粧品

買って数回使ったものの、その後使ってなかった化粧品。
使って肌に異常がない限り、捨てられないよねぇ。

姫の場合、口紅とか髪用のムースが結構あった。
口紅は使わないモノも結構とっておくけど、やっぱりナマモノ。
酸化してしまうらしいので、捨てた。
マスカラは全然使ってなかったら、ダマ状態になっていた。
これは使うのは怖い。
ムースは買ったものの、香りが嫌いだったり、使い心地が悪かったりすると、使わないまま、どんどんたまる、たまる。
これは、欲しいと言ってくれたヒトへあげた。
もったいないけど、場所をとるし、どうせ使わないし。
スプレー類は・・・・夜中窓の外へシューッと。
近所迷惑だっただろうか。
あと、頂き物の香水類。
これは趣味が合わないと使えない。
数年経って色が変わったりしていたので、不燃物としてゴミへ出した。

・100円ショップで買いこんだカゴ
・会社からもらってくる缶


収納に使えると買った&もらったものの結局使わなかった。
使わないけど、場所をとって邪魔。
だけど、未だ缶を欲しくなる気持ちは大いにある。困ったもんだ。

・あと何か色々


とにかく「捨てる!技術」を駆使して捨てまくったのである。

それにしても、インテリア雑誌を熟読し、収納本を読み、押入れを最大限に活用した結果がコレである。
いらないモノを押入れへ上手に詰め込んでいた姫。
ホント、持ってるモノを全て押し入れに入れてたんだ、エライ。

しかしである。
視点を変えれば、大切に保管していたモノもただのゴミ。
あの収納の苦労は一体何だったんだろう。

しかし、さすが収納上手の姫。
これだけ捨てても押入れにはまだモノが一杯だったのである。(泣)
       
  
その8 リバウンド期、「オークション」で捨てまくる&買いまくる に続きます
その9 ひとやすみ、「シンプルライフ」を考えた
その10 信じる?信じない?「風水」で捨てる
その11 難しい・・・「人間関係」をシンプルにする


Copyright© 2002-2004 kotohime All Rights Reserved.