◇◆◆琴姫の趣味爛漫◆◆◇
      「捨てる」から始めるシンプルライフ

◇◆TOP ◆◇

◇◆「捨てる」からはじめる◆◇
はじめに
「捨てる」と風水の関係
過去の恥?姫の捨てた経緯
◇◆第1章 SimpleLifeへ至る道◆◇
◇◆第2章 めざせSimpleLife 
     〜どうやって捨てる?〜◆◇
◇◆エピローグ?プロローグ?◆◇
◇◆エピローグ?プロローグ?◆◇

過去の恥を全て読んで頂きありがとうございました。

実は第11章の「人間関係」は今回は掲載するつもりはありませんでした。
過去は過去として封印するのが一番かなと思うのです。
どうしたって過去は変えられないのですから。
そして、同じヒトと新しく人間関係を築くつもりも全くありませんし。
二度と係わりあいになりたくないとしか思っていないのです。

しかし、以外とこういう事例は多いのでは?と思うのです。
「人間関係」を大事にするのは大切なことですが、「人間関係が人生の全て」ではありません。

過ぎたるは及ばざるがごとし。
「人間関係」もほどほとの方がベストなのではないかと思います。
誰にでも、プラシバシーは存在しますし、時間をムダにされたり、ココロの中まで踏み込まれたくありません。
姫はそういうコトを理解しない「ヒトを思いやることのできない」ヒトは嫌いです。

そして、そんなヒトに何年も我慢していたおバカなヒトが私です。
その結果は読んでの通り。
あれから2年が経ちました。

◆あれから2年

「シンプルライフ」という言葉を知り、ある意味行き着くトコロへ行き着いた感のあった姫。

しかし・・・・やはり長年のストレスから開放されたとは言え、心身の回復には随分と時間がかかりました。
ほぼ半年の間仕事の時間以外は横になっていました。
そして、それから一年。
ようやく不眠症も治まってきました。
それから半年。
ようやく、薄皮を一枚かぶったような状態のアタマがスッキリしてきています。

でも、胃の多発性ポリープの再検査はまだ行っていませんので、どうなっていますやら。
そして、いまだに電話は大嫌いです。

心身の状態はよくなったのは結構なコトなんですが、ふと気が付けば部屋の中は大変なコトになっていました。
そう、今までのストレス発散とばかりに買った大量のモノ、モノ、モノ。
「シンプルライフ」を目指して、捨てまくって空いたスペースがほぼ埋まっていたのです(泣)。

たしかに体調がよくないので、片付けもあまりしません( 出来ません )でした。
そして体調がいい時は、ここぞとばかりにPCを触るかお買い物をしていました。
( だって、体調がよくないときにはお買い物も出来ませんからね。必需品ってものもありますし。 )

ま、なってしまったものは仕方ありません。
もう一度「シンプルライフ」を目指しましょう。


さて、今回もう一度「シンプルライフ」を目指すので、
あらためて持っている「シンプルライフ」関連の本を読み直してみることにしました。
そして持っている「シンプルライフ」関連の本の数に驚いてしまいました。
私が「シンプルライフ」を始めようと思った時にはほんの数冊しかなかったハズなのに。
そして、必要がないと判断した本は処分したハズなのに。
「シンプルライフ」と題名が付いているので無意識に買っていたのでしょうか?
こんなところまでシンプルでなくなっていたことに愕然としました。

しかし、今部屋の中は雑然としていますが生活自体はゆったりと楽しんでいます。
が、探し物をしたりすることが多いので困るコトも結構あったりします。
やっぱりモノが増えてるんです。
モノが多いとどうしても、雑然とするんですよね。

そして、やはり姫の目標は「何もない部屋」なんです。
今は無理でも、やっぱりコレを目指したいんです。
という訳で、今回もやはり「モノを減らす」ことから始めたいと思います。
が、ただ「捨てる!」だけでは前回の二の舞になります。
せっかく、スッキリした部屋にしたのに元の木阿弥になったのも、
何も考えずただ単に「捨てた」だけだったからでしょう。

今回は読み返した本の中で一番納得の出来た方法でまずは「スッキリした部屋」を目指そうと思ってます。
その方法とは、収納カウンセラー・飯田久恵さんの整理・収納の法則

そして、その法則とは、
      STEP1 物を持つ基準を自覚する
      STEP2 不要品を取り除く
      STEP3 置く位置を決める
      STEP4 入れ方を決める
      STEP5 快適収納の維持管理

このSTEPを確実に踏んでいけば、部屋はスッキリ快適になるようです。
では、まずはSTEP1から進んで行きましょうか。      


Copyright© 2002-2004 kotohime All Rights Reserved.