◇◆◆琴姫の趣味爛漫◆◆◇
      「捨てる」から始めるシンプルライフ

◇◆TOP ◆◇


◇◆花フェスタ2005◆◇

(3月16日(火)〜6月12日(日)開催)
公式ホームページ


2005年6月11日(土)

開催日末期でしたので、人が一杯でした。
ですが肝心のバラは見頃を過ぎていたようです。
(バラの見頃は5月中旬〜)

あ、ここでひとつ注意。

花フェスタ記念公園は必ず『西ゲート』からお入り下さい。

東ゲートもありますけど、こちらはどうも裏口っていうカンジが否めませんでした。

両方共『ゲート』と表記するのでしたら、
東ゲートをもう少し西ゲートのようにして欲しいものです、全く。
混雑時の非常入口みたいなんだもん。

ほぼ、公園の一番外側の道を一周してきました。
(↓の地図の一番外側の道をぐるっとね)




◆朝も早くから◆


朝7時30分にユキちゃんをお迎えに。
花フェスタ記念公園の途中までは勝手知ったる道のり。
後はナビにおまかせよ〜。

到着したのは開園直後くらいでしたけど、併設している駐車場はすでに満杯。
臨時の駐車場へ誘導されてしまいました。

でも、臨時駐車場から花フェスタ記念公園までは無料の送迎バスがありました。
ラッキー。


◆まずはお目当て、ソフトクリーム◆


東ゲートから入場。
ゲートでは一応、マップを渡してくれます。

マップを見て、実は西ゲートがメインゲートであることに気が付きました。
確かに、東ゲートって狭いし、店もないし・・・。

とりあえず、マップを見て行きたいトコロを決めます。
すると、すぐそばにソフトクリームのショップがあるじゃないですか。

まずは前から人づてに聞いていた花のソフトクリームへGo。


ユキちゃんはラベンター 私はバラ

見た目は普通のソフトクリームです。
肝心の味は食べるとビミョ〜に花の味と香りがします。

ラベンダーは結構サッパリしてます。
そして、バラはかなりしつこくバラの味が残ります。

ユキちゃん曰く
「口あけて、トイレに入ったみたい。」

!!!!

なんて例えをするの〜、私食べてるのよ〜。

ソフトのお店の横にも花一杯です。

さて、食べ終えてマップを見ながら進みます。

薔薇の品評会の会場だったらしいのですが、
既に枯れているモノが多数ありました
↑↓ 比較的キレイな薔薇を激写
↑↓ 途中の通路も花・はな・ハナ
↓ 左手にソフトのお店が

次に世界のバラ園へ向かいます。
途中の通路にも薔薇が一杯です。

↑ パルメンガルデン フランクフルト
ドイツ 1988
↑ エリナ
イギリス 1983
↑ リメンブライス
イギリス 1992
↑ ヘンな花見ぃ〜つけた
トケイソウ(別名パッションフラワー)
という多年草だそうです

他にも「バーバラ・ブッシュ」を代表に
興味深い薔薇がイロイロとあったのですが枯れていました。
残念。


◆何だコリャ、霧のプレリュード◆


さて、通路両側の花を楽しみつつ進んでいくと
突然何本もの柱が現れます。
何?

さらに進んでいくと、コレは一体
なにやら、モヤみたいなモノが・・・
↑↓ どうやら池?
↓ 霧のプレリュードという場所のようです
晴れた日ならいいんでしょうけど、
雨模様の天気では湿気がスゴイです。


◆プリンセスの薔薇◆


これ以上の湿気には耐えられないので先に進もうとしたら
ユキちゃんが気が付いてくれました。

『池の上に
プリンセス・ミチコとプリンセス・マサコが
咲いています』


という表示に。
それにしても、もう少し見える表示にした方がいいかと思いますが・・・。

何か白い四角の紙が表示なんですが・・・
飾りかと
↑ プリンセス・マサコ
↑ プリンセス・ミチコ
(花の名前が表示されてなかったので多分)
↑ 結構高いトコロに登っていくのです
↑ 天津乙女
日本 1960

池の左隣の花壇にもバラがありました


◆世界のバラ園◆


さて、ここもドコを見ても薔薇・ばら・バラ。
バラ園ですから当たり前ですけどね。

やはり見頃を過ぎているので、枯れていたり、元気のない薔薇が多くて残念でした。
おまけに、雨が結構降ってきました。

滅多に見られない、水滴付きの薔薇をご堪能下さい。
(ほとんどヤケクソ?)

↑メロディー メイカー
イギリス 1990
↑ ホワイト クィーン エリザベス
イギリス 1965
↑ バラのドーム
↑ ジュード ジ アブスキュア
イギリス 1995
↑ ピンクパンサー
フランス 1982
↑ マチルダ
フランス 1988

つい「マチルダさ〜ん」って言いたくなっちゃいました
そう、私はファーストガンダム世代です
↑ 魅惑
日本 1988
↑ 王朝
日本 1983
↑ ペントハウス
ニュージーランド 1988
↑ サプライズ
ドイツ 1993
本当に綺麗な真ッ黄色のバラなんですが・・・
ピンボケ
↑ シャルル・ド・ゴール
フランス 1974
元フランス大統領の名前のバラ
気品漂ってます
↑ 楽園
日本 1996
↑ 八坂
日本 1950
↑ プリスタイン
アメリカ 1978
↑ ラヴ
アメリカ 1980
↑ ホワイト マジック
アメリカ 1989
↑ ブルー リボン
アメリカ 1984
↑ ファースト クラス
アメリカ 1988
↑ グラハム トーマス
イギリス 1983

世界のバラ園を抜けて、西ゲート方面へ向かいます。
実はこあたりでデジカメのモリが一杯になってしまいました。

このアトはケータイで撮影しました。

途中の店先で可愛い花カゴ発見


◆花のミュージアムで青いバラ◆


さて西ゲートへ到着です。

西ゲートのあたりは賑わいが違います。
やはり、メインゲートはこちらなのですね。

花のミュージアムで何やらイベントが開催されてました。

不可能への挑戦!
青いバラ展示×

                     (↑最後の字忘れた)
とにかくスゴイ人だかりでした。

バラの前は青い(?)花の展示が
↑何の花か忘れました
でも、あじさいに似てる
↑ 青い(?)カーネーション
「ムーンダスト」
さて、いよいよメインイベント


この展示の最大の目玉!
ブルーヘブン
(だったと思う・・・青い天国ってコト?)

青いっつ〜より、薄い紫に見えました。


あと、もうひとつの目玉がコチラ↓
プリンセス・サヤコ。

園内探し歩いてたんですけど、ココにありました
ピンクの可愛らしい薔薇です
ちょっと元気がないかな?
順路に従ってミュージアムを出て左側
綺麗な花壇が見えました

指は隣にいたどこかのオバ様のです→
心霊写真ではないので、ご安心を

さて、そろそろ帰ろうと東ゲートへ向かいます
途中の通路は山の中?
斜面に創作花壇が作られてました

↑ 岐阜県兼山町の作品
ココは森蘭丸の出身地です
↑ あら地元の高校の作品もありました
傘をさしているのはクマさんです

そろそろ東ゲートに近づいたころ
出店で薔薇のお菓子とジャムを売っていました。

散々試食をさせてもらってジャムを2つお買い上げ。
1瓶1000円なんですが、
2瓶、3瓶と買うごとに割引があるのです。
ユキちゃんは薔薇大福をお買い上げしていました。

さて、いよいよ東ゲートに着きました。
西ゲートに比べると、やっぱりかなり寂しいゲートです。

それでも一応お土産を扱っているお店があったので
さらにお買い物。
私は薔薇のバスソルトと会社へのお土産を。
ユキちゃんはなにやらイロイロお買い上げしていました。

さて、送迎バスで臨時駐車場へ。
料金500円を支払って、家路へつきました。

あ、ダイアナ妃のバラ見るの忘れてた!

注)
お花の品名は花の写真のアトに表示を続けて撮影してきましたので、まず間違いはないと思います。
ですが、
もし間違いがありましたら、ご連絡下さい




◆おまけ◆



◆日本昭和村◆


さて、駐車場を出て、来た道をたどろうとしたのですが・・・
疲れていたのでしょうか、右折場所を間違えて、気がつくと高速道路の入口へ。
見ると、逃げる道もありません。
仕方ないので、高速に入りました。

新しい道路なのかナビにも道が表示されていません。
とりあえず地元方向へ向かったハズなのですが、どうも方向が違う?

ので、次のインターで降りました。
料金を払いながら、ふと見ると「日本昭和村は出て左です」と張り紙がしてあるではないですか。

これはもう行くしかないでしょう。
というワケで日本昭和村へも行ってきました。


↑ コレはお約束ですよね


しかし、とにかく雨。
晴れたいい天気なら自然を満喫できたのでしょうけど。
それでも、ユキちゃんと一通り村内を歩いてきました。

次回来る機会があれば、晴れた日がいいですね。

あと、すぐそばに温泉があるので、こちらも是非入ってみたいものです。
着替えも持ってこないとね。



上へ

Copyright© 2002-2005 kotohime All Rights Reserved.