◇◆◆琴姫の趣味爛漫◆◆◇
      「捨てる」から始めるシンプルライフ

◇◆TOP ◆◇

◇◆さあ、捨てよう◆◇
ちょっと待ったぁ
用意するもの
何を捨てるのか
どこからはじめるか
まずは気楽に
ゴミの収集場所ってドコ?
ちょっと待ったぁ

「捨てる」その前に、ちょっと一言言わせてくださいね。

一昔前までは、黒いゴミ袋に生ゴミもガラス瓶も空き缶も何でも入れて捨てることが出来ました。
ちょっと前の愛知県がそのような状態でしたね。

しかし、今はそんなコトは許されない状況になりつつあります。

私もあまり詳しいワケではないのですが、最大の理由は「ゴミの最終処分所に後どのくらい捨てられるか?」ということみたいですね。
あと何年分捨てられるのか知りませんが、とにかくゴミの最終処分所の残り容量が限られているのは理解できます。

そして、最近の環境に対する意識の向上から、ゴミの最終処分所を作るコトも難しいのでしょう。
誰だって、自分の住んでいる近所にゴミの最終処分所が出来るのなんてイヤでしょうから。

そうすると、あと出来るのはいかにして「ゴミ」として埋め立てるモノを減らすかというコトになります。
そこで「ゴミの分別」や「リサイクル」が大切になってくるのだと思います。

姫は「捨てる」コトを悪いコトだとは思っていませんが、こういう環境問題に無関心なワケでもありません。

「地球は未来の子供たちから借りたモノ」という言葉があります。
現在の状況を作った大人たちのツケをその大人たちの「未来の子供たち」だった私たちが今払わされようとしている気がします。
出来ることなら次の世代にはツケをまわしたくはないと思います。

ですから、「捨てる」その前に分別とかリサイクルのことを広報とかで必ず確認して下さい。
これは住んでいる地域で全く違うのでフォローができません。
地域によっては、ゴミの分別方法のハンドブックがあるようです。

姫の住んでいる地域ではポスターのような丈夫な紙に、分別方法や粗大ゴミを捨てる際の連絡先が印刷されたモノが一枚毎年配られています。
分からなかったら、近所のヒトに聞くかあるいは役所にでも問い合わせてみて下さい。

あ、ついでに、いつ何を捨てられるかもね。


◇◇リサイクルに関する本はコチラからどうぞ◇◇



amazonなら1,500円以上の注文で配送料が無料。
早ければ24時間以内、遅くても2〜3日であなたの手元へ届きます。
お支払いはカードも、着払いも可能。
本屋へ行かなくても家で本が買えるんです。


Copyright© 2002-2004 kotohime All Rights Reserved.